2015.02.01

【業務の舞台裏】

【業務の舞台裏】
京都編集部の川﨑です。

編集部はコンサル部門とデスク部門に分かれています。
今日は編集部のコンサル部門の説明をしましょう。

コンサル。つまりコンサルティングですが、ひと言でいうとクライアントへの提案です。
しかし、どんな提案でもいいという訳では勿論ありません。
相手を納得させる提案が必要です。
では、どう納得させるかという事ですが、そこで使うのが「論理的思考」つまり「ロジカルシンキング」です。

例えば、味が美味しいけど汚いラーメン屋(A店)と味は普通だけど綺麗なラーメン屋(B店)があり、B店はOLさんや女性客で流行っていてA店の店主は「ウチの方が美味いのに」と怒っています。

こんな時に話すのは勿論「では、お店をキレイにしたらどうでしょう。味で勝っているのなら勝敗は決まっているんじゃないですか」というような話です。

実際は色々な要素があるので、ここまで単純ではありませんが、その中から原因を掴み、相手を納得させるという考え方がコンサルティンングを行う上では必要です。

パブリック・エナミーのチャックDも”Knowledge is power”とラップしています。
すべては知識です。

それでは。

【京都/編集/川﨑】
荘苑賞すげー面白い!

【採用情報はコチラ】
http://surprisecrew.com/ (開発)
http://www.aw-corp.jp/ (東海)
http://www.wh-corp.jp/ (北海道・東北)
http://www.ws-corp.jp/ (関東・北陸)
http://www.wo-corp.jp/ (関西・中国・四国)
http://www.wk-corp.jp/ (九州・沖縄)

1f97613a3bc35aa775c6