RECRUITMENT

ENTRY
TOP INTERVIEW 部署責任者

INTERVIEW

木村 淳 (2017/01/05 入社)

【カメラ部】
3年間カメラマンとして各地の撮影を行う。現在は京都エリアを任されるカメラマンとして活躍。

1日のタイムスケジュール

11:00 出勤
撮影の準備、スケジュール確認の後スタジオへ移動
12:00 スタジオ
到着後撮影の準備をして、撮影開始
14:00 昼食
基本はコンビニなどで簡単に済ませますが、お店へ食べに行くこともあります
15:00 撮影再開
19:00 撮影終了
データ納品など事務作業と、スタジオの片付けを終え大阪本社へ帰社
20:00 退社
事務作業と、明日の撮影スケジュールの確認後退社します

普段どんな業務を行っていますか?

カメラ部は、弊社の広告サイトを活用して頂いている クライアント様へのサービスとして、撮影業務を行っています。 クライアント様のご要望に合わせた撮影はもちろん、 撮影する方一人ひとりに寄り添ったサービスを心がけています。 撮影の出来だけでなく、接客やスタジオの環境整備など 様々な面で満足して頂き、「また弊社での撮影をしたい」と 言って頂けるよう努めています。

やりがいに感じていることは?

毎月、撮影技術が点数として発表されるのですが、 自分の実力を可視化して確認することができるので、 次はもっと上を目指すぞ!と思えてやりがいを感じられます。

技術点については、一カ月間で撮影した撮影データの中から、 ランダムで選ばれる1枚と、自分が良いと思って選んだ1枚、 計2枚から採点されるため、毎日の撮影にも気合が入りますね。

ただ、やはり一番やりがいを感じるのは 自分が撮影した写真をクライアント様に喜んでもらえたり、 それで大きな反響が出たときです。 営業部や活用促進部の方に「クライアント様が褒めてたよ」 という一言が貰えると、とても嬉しいです。

将来の展望や目標を教えてください。

今まで以上に撮影の技術を向上させたいことはもちろん、 いつかカメラ部全体を引っ張っていけるような 管理職として活躍できるようになることが目標です。

求職者様に向けてのメッセージ。

カメラマンの募集は普通実務経験を求められたり、 アシスタントからスタートする求人がほとんど。 しかし、弊社では未経験の方でもカメラマンとして採用され、 先輩からトレーニングを受けられて、1人前のカメラマンになれる。 興味さえあれば1から学んでいける環境なので、 カメラマンを目指す人にはうってつけの環境だと思います。 少しでもカメラマンに興味がある方は是非応募してみて下さい!