RECRUITMENT

ENTRY
TOP INTERVIEW 部署責任者

INTERVIEW / 02

中村 幸三郎 (2000/08/14 入社)

【カメラ部】 課長
クライアントからの信頼も厚いカメラ部の管理責任者 勤続年数20年のベテランカメラマン

1日のタイムスケジュール

10:30 出勤
11:00 午前中
面談・撮影打ち合わせ
12:00 スタジオへ移動
撮影準備
13:30 撮影
15:30 休憩
16:30 撮影
18:30 移動
スタジオの清掃してから、大阪本社へ移動します。
19:30 帰社
機材の片付け、撮影データ納品、明日の撮影スケジュール確認
20:00 退社

普段どんな業務を行っていますか?

主に弊社が管理する撮影スタジオを拠点に撮影サービスを提供しています。ご要望があれば、クライアント様店舗での撮影や外部スタジオ、 ホテル撮影などの出張撮影サービスも行っています。

上司として大切にしていることとは?

カメラマンという仕事は特殊な職業なので、他では経験のない悩みや、壁にぶつかることがあります。それは私自身も経験してきたことなので"上司"というよりも同じ立場の"カメラマン"としてアドバイスすることを大切にしています。また、カメラマンとして入社された方には「その写真で何を見せたいか」ということを明確に意識しながら写真と向き合ってほしいと最初に伝えます。技術はトライ&エラーを繰り返しながら向上していくものですが、本質的な「伝えるべきモノ」を意識してもらうことも大切にしていますね

やりがいに感じていることを教えて下さい。

最近、新しい試みとして今までにないサービスを開始したのですが、予想以上の反響が出て、達成感と同時に凄くやりがいを感じました。カメラ部の管理者としてこれからも、クライアント様に対してよりよいサービスを提供できる環境を整えていきたいです。また、部下の成長が感じられた時もやりがいを感じます。毎月行っている技術点ランキングで点数を上げていたり、クライアントからカメラマンを褒めて頂けたりすると、自分の事のように嬉しくなります。

将来の展望や目標を教えてください。

弊社を関西No.1の撮影チームにしたい!各個人の技術点を上げていく事は勿論ですが、クライアント様の要望に柔軟に対応できる応用力やスキルを増やしていきたいです。それは写真撮影だけに留まることなく、動画撮影や画像修正などの技術も含め、今まで以上に価値のあるカメラチームを作っていきたいです。

求職者の皆様に向けてのメッセージ。

先ほどもお話しした通り、技術は後からついてくるものです。それよりも、人と人とのコミュニケーションが一番重要な仕事なので、経験・未経験問わず、人と関わることが大好きな人からの応募をお待ちしております!